忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

「下町ロケット」読みました。



ドラマを数年前に観て、いつか読みたいと思っていた本でした。

研究者から、町工場の経営者となった主人公が、

大企業を凌駕する発明を生み出したことがきっかけで、

自身の夢をもう一度追いかけるチャンスに出会う。

しかし、会社は赤字もあるし、特許は理不尽な訴訟にもなるし、

夢よりも現実を追いかける若者も出てくる。

しかし、不器用ながらも誠実な主人公、

そのひたむきなもの作りへの情熱を応援し、支えてくれる人たちに出会い、

困難を乗り越えていく。

真っ直ぐな想いは強い。

正しいことを正しいという気持ちよさがある素敵な作品でした。

拍手[1回]

PR
                      
なかまくらです。

キノの旅17巻を読みました。



2013年刊行・・・だいぶ水をあけられちまった・・・

毎年10月になると新刊が出るというペースでここのところずっときているので、

油断していたら、この通りです(笑

さて、17巻は、なんとこの頃、時雨沢先生、静岡新聞他で、連載していたんですよね。

その連載分+書き下ろしが収録されているのです。

そのため、とても分厚い。370ページもあります(笑

内容はといいますと、まあ、どの巻も結構面白いのですが、

この17巻、とても面白いです。週刊ゆえの引きがあるためか、それとも、

ちょっとグロくならないようにマイルドに書くという制約が功を奏しているのか、

かなり面白いです。

その反動か、書き下ろしの「神のいない国」はキノさんやり過ぎ感ありました。

でも、それも面白いです。

「渡す国・b」の疾走感もすごく素敵です。シズ様の旅がここで終わるんじゃないかって、

ドキドキしました。


・・・

・・・

・・・・・毎回思いますが、短編集の感想ってどう書くのか、難しいですね。

とにかく面白かったです。

アニメのあたらしいやつもすごく面白く見ています。

あと、帯の言葉ですよね。

「あなたが誰かの手を握って

 暖かく感じているとき

 その誰かは冷たく感じている」

うーーん、あのときのことを思い出してみたり(苦笑

時雨沢先生、やっぱり天才ですわ。

拍手[1回]

                      
なかまくらです。

「ちょっと今から仕事やめてくる」(メディアワークス文庫)

読みました。


映画の予告を観て、ドキリとしたので、本屋で見つけて、即、購入。

ブラック過ぎる会社で働く主人公が、顔も覚えていないヤマモトと名乗る

小学校の同級生(を名乗る男)に救われる話でした。


前半、ああ、そうだよなぁ、くるしいよなぁ、と共感し、


後半、両親と電話をしているところで、自分が苦しいときに、両親のことなんて忘れて仕事仕事仕事ととにかく顔面から突っ込んでいたことに気付きました。人生の半分は自分のため、残り半分は自分を大切に思ってくれる人のためにある。良い言葉ですね。自然と涙が出てきました。


最後は痛快ですし、さらりと読める小説でした。




ちなみに、この本、職場で今読んでいるんです・・・って、そんな話を

夜、残業している人にしてみたら、みんな読んでいました。

恐ろしい・・・。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

「カスタム・チャイルド ―罪と罰―」読みました。



遺伝子操作によって、親の思い通りの子どもを作れるようになった日本。
けれども、そんな才能を持って生まれてきても、

環境が伴わなければ、思った通りには育たない。
遺伝子操作を受けずに生まれてきた才能のない清田と、

恵まれた可能性をもって生まれてきた春野、

容姿のみを求められて生まれてきた冬上。

3人は互いの魅力に惹かれ、行動を共にするようになる。

そんなお話でした。
久しぶりに壁井ユカコさんの小説を読みました。
昔はこの人の作品ばかり読んでいたのに。
本当に、この人は、ダメな魅力をもつ男の人を書くのが上手い(笑)。

清田や、冬上ばかりではなくて、読者である私も惹かれていくのです。

これまで読んだ中でも、一番暗黒の魅力にあふれていたかも。
けれども、今回は、清田もすごくいいキャラでした。
ふたりの魅力に引っ張られて、

途中からはもう止められなくなって最後までぐんぐん読んでしまいました。
ただ、序盤、なんとなくいやな感じがして、

50ページくらい読んで本棚に4年くらい眠っていたので、

序盤のなんとなく、面白くないというか、

んー、よみたくないなぁってところがあったので、★★★★☆です。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

感想、一気書き!
「獣の奏者 1闘蛇編」



鹿の王を読み終えて、こちらにも手を伸ばしました。

これまで読んでこなかったのが悔やまれる・・・!

主人公のエリンが、過酷な運命にさらされながらも、

ジョウンやエサル師といった周りの優しい人たちや、

生き物の営みに心奪われていくうちに、少しづつ癒されていくような、そんな物語でした。

闘蛇の設定が細かすぎて、実際にいるんじゃないかっていうリアリティーがありますね。



「獣の奏者 2王獣編」


王獣という、闘蛇をやすやすと食い殺す獣の王は、決して人に慣れないとされていた。

けれども、エリンは、その王獣・リランと意思疎通をする術を編み出してしまう。

ヒトと獣は決して本当に理解しあうことは出来ず、その間の壁を守らなければならない。

そんな母の言葉に果敢に挑むことになっていくエリン。

しかし、そのために、エリンは、政治に巻き込まれてしまう・・・。

前半は、次々とエリンの工夫が当たり、

リランが野生の王獣のように立派に育っていく様にどきどきしますが、

中盤から、政治的な争いに巻き込まれ、

王獣を人間の武器として扱う恐ろしさや卑しさに苦悩する場面が多くみられ、

こちらも苦しい気持ちになりました。

ラストシーンは、希望ある終わり方ですが、少し終盤展開を急いたかな、と思いました。

人と獣の話にはとどまらず、生き物の営みの複雑さ、その尊さを感じる物語でした。




「獣の奏者 3探求編」


エリンは30才ほどになり、夫を持ち、子供も生まれていた。

そんななか、闘蛇の大量死について調べるところから、物語は始まる。

イケで飼われた闘蛇が繁殖をしないように巧妙に仕組まれた規範が

再びエリンに生命をゆがめる人間を思わせる。

そしてなぜ、始祖ジェは、そんなことをしたのか。

世界はぐっと拡がって、世界の姿が見えてくる。

エリンが子供だった頃を彷彿とさせる、明らかになっていくことの面白さがありました。

それと同時に、真王セィミヤの成長も面白いところです。

また、エリンの家族の物語でもあります。幸せをつかもうとして、

それでも、破滅的な未来に向かって転がっていく後半は、読んでいて辛いものでした。




「獣の奏者 4完結編」
 

リョザ神王国を長らく守ってきた闘蛇を育てる秘密が他国にわたってしまう。

エリンは、その闘蛇の軍と戦うために、王獣の軍を作ることになってしまう。

かつて、破滅をもたらしたという闘蛇と王獣の衝突。

その不穏さが、にじみ出てくるばかりで、実際は見えないままに、

最後の決戦を迎えてしまいました。何が起こるんだと固唾をのんで

読み進めるしかありませんでした。

最後は、やっぱりそうなるんだなぁと、なんとなく、悔しいような、

そんな気持ちになりました。

長く、一緒に旅をしてきたような、そんな読後感に襲われました。



ああ、やっぱりファンタジーはいいなあ、と思うのでした。

人と人がなぜ争うのか。そんな普遍的なテーマがつっと心にしみてくるのでした。

ノンフィクションでは白々しく感じてしまうメッセージが、

物語という形ならば飲み込める。

そういう魅力にあらためて触れさせてくれる物語でした。

拍手[0回]

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[11/24 なかまくら]
[11/18 きょうとのせんぱい]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]