忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

「GIVER 記憶を注ぐ者」観ました。DVDにて鑑賞。


あらすじ。

記憶を消去することで、人類は完ぺきに平和で平等な世界を作り上げていた。

しかし、その世界の中で、一人だけ、過去の人類の栄光と過ちの記憶を持ち続ける

役割を背負う人間が選ばれ、受け継がれていた。

記憶を受け取る人間の役割は、”記憶の器(レシーバー)”と呼ばれた。

レシーバーとなった主人公の青年ジョナスは、過去の記憶を知るにつれ、

現在の世界は、喜びや色彩、愛を失った間違った世界だと考えるようになる。

あるとき、記憶の境界線と記された地図を見つけたジョナスは、

その境界線を越えることで、封印された人々の記憶が戻るのではないかと考え、

規則を破り、理想郷から脱走を図る。

そして、地図にある記憶の境界線を目指すのだった。


・・・というようなお話でした。

初め、モノクロの映像で展開して、なんだなんだ、と思っていると、

レシーバーになって、彼の世界が段々と色づいていきました。

色彩は、きっと感情の起伏に大きな影響を及ぼしているんだろうなぁと、納得しました。

色づいた世界で、ジョナスには、恋人がさぞかし魅力的に見えたんでしょうね。

恋人の存在が、ジョナスに、人間の過ちの記憶に耐える力をくれるのでした。

まあ、終盤までひとつのドラマとして、ある意味平坦な感情で見ていたのですが、

終盤、理想郷から脱走するシーンが迫る中、

記憶の伝達者(ギヴァー)は、「勇敢な君に強さを伝える」

そういって、いくつかの断片的な記憶を伝えるシーンがありました。

その記憶とは、人間が、パラシュートを背負って崖から飛び降り、

犬ぞりで雪原を探検し、川を下り、荒野を疾走し、

火をおこし、

戦車の列の前に立ちふさがり、軍の圧政に市民は立ち上がり、平和を勝ち取っていく

そんなシーンが流れました。

それこそが、

人類が忘れてはいけない人類の持つ強さなのだと、

この映画はそう伝えようとしているように感じて、大きく心を揺さぶられました。

ラストシーンで、地図に描かれていた塔を越えると、

理想郷に一気に記憶が戻ってくるのですが、これは、ちょっとご都合主義的で

イマイチな感じでした。

原作の児童文学でどんな描かれ方をされていたかはわかりませんが、

記憶が失われてからどれくらいの歳月が経っていたのか、

初めに、記憶を封印しようとした人々はどこへ行ってしまったのか、

など、疑問が多く残されてしまいました。

でも、きっと、いつか、封印した記憶を解放する日が来てもいい、と考えたから、

塔を作ったんだとは思います。それこそ、境界を踏み越えた人間が、生きていける

強さを取り戻すようにするために・・・。

でもまあ、組織の構造として、また、映画の構成として、

理想郷の創始者の一族の存在はあるべきでしたよね。

そうすると、ラストの展開に対する思いも変わっただろうに、と思いました。

また、最後の最後に、記憶の中にあったクリスマスを迎える家が雪の中に突如として

出現しますが、最後のジョナスのセリフとも相まって、感じるのは、

ジョナスの死なんですよねぇ・・・

たぶん、そんな家は、現実には存在しなくて、

ジョナスの死の直前に観た原風景なんだろうなぁと、思ったのでした。

まあ、途中突然の凄い感動ポイントがありましたが、

あとは、まあ、ふつーって感じの出来でした。

おわり。

拍手[0回]

PR
                      
なかまくらです。

最近見た映画とか・・・ PART1

ちょっと、元気がないので、気合が足りないんですが、ちょっとずつ。

「ハンガーゲーム FINAL レジスタンス」
「ハンガーゲーム FINAL レヴォリューション」

1作目で、生き残りをかけて身体と技術を鍛えて、サバイバルを生き残る・・・

というのは面白かったのですが、なんだか随分と政治的な話になりました。

カットニスは、1,2でのハンガーゲームを経て、民衆の支持を得るようになる。

反乱軍は、その人気を利用として、カットニスを救い出し、広告塔として利用される。

カットニスは、2で共闘したピータを救い出すことを条件として広告塔となった。

変わり果てた姿で戻ってきたピータを見て、カットニスは、独裁者スノーを自らの手で

殺すことを決意する。そして、戦いの末、反乱軍は勝利をおさめ、独裁者は倒される。

そんな終わり方でした。

うん、何年か前の話題作だったので、観てみましたが、あんまりピンとこなかったなぁ、

というのが正直なところでした。

すごく大きな舞台なのに、カットニスとその潜入作戦だけを描いて、

その間に、いつの間にか、反乱軍はすごく優勢になっていて、

カットニスの奮闘とは関係のないところで、戦争は終わってしまう。

なんのために、カットニスの仲間たちは死んだんだろう?? って感じでした。

ラストの仕掛けはあっと驚きましたが、それも、なんとも唐突でした。

そんなわけで、私の評価としては、★★☆☆☆という感じです。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』観ました。



ファイナルファンタジー15の前日譚となる物語を映画化したものです。

映画館でやっていたのは知っていましたが、残念ながらスケジュールが合わなかったのと、

一番最寄りでやっていたのが、横浜で、そこまで足を運んだものか迷ったために、

劇場に足を運ばなかったのです。

しかし、ニコニコ動画で、2000円で配信するということでしたので、迷わず購入。

視聴に至ったわけです。

さて、あらすじ。

ルシス王国は、ニフルハイム帝国の圧倒的な科学力・軍事力の前に

劣勢に立たされていた。ルシス王国の武器は、魔法。

王の圧倒的な力と、クリスタルによる魔法障壁によって、守られていた。

ルシス王国は、辺境の民族から兵士を募り、”王の剣”として、魔力を貸し与え、

ニフルハイム軍と戦わせていた。その中で、ひときわ高い魔法適性を持っていたのが、

ニックスという男であった。

ニフルハイム帝国は、ルシス帝国に対して、2つの停戦条件を突き付けてくる。

王都インソムニア以外の領有権の放棄と、王子ノクティスの政略結婚である。

そして、王都にて調印式が行われようとしているその時、

ニフルハイム帝国は、クリスタルを奪い、王都へと進軍を開始するのであった。

ニックスは、王国の危機を救うことができるのか。


みたいな話でした。

物語は、結構ありきたりな感じでしたが、キャラクターが良い。

そうなっちゃうよなー、という納得がいく行動をそれぞれがとります。

そして、この内容を実写かと見まがうような、

そんなCGで映画化してしまうだけでも見る価値がありました。

映像の迫力がすごい。圧倒的でした。

動きにも重量感があって、そんな世界で、当り前のように魔法が使われたり、

剣が振るわれるということに、私たちの憧れた世界が本当にどこかにあるような錯覚を

感じさせられて、震えました。

これは、FF15ちょっと・・・ほしくなっちゃったぞ(苦笑

絶対やる時間ないけどなー・・・^^;

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

話題の「シン・ゴジラ」を観てきました。

心配なのは、監督がエヴァンゲリオンの庵野監督だということ。

良くも悪くも・・・思春期を考察する哲学的な何か意味不明なものにならないかと

そんな不安を抱きつつも観に行ってみたわけです。



あらすじ

日本に突如、未確認巨大生物が現れる。

地下トンネルの崩落を内閣府では、火山の噴火と位置づけようとしていた中、

巨大生物による可能性を示唆した矢口蘭堂が巨大不明生物特設災害対策本部(巨対災)

の本部長として任命される。

米国大統領特使のカヨコ・アン・パタースンが来日し、米国では以前からその生物に

ついて、研究が進められており、その名前が、ゴジラであることがわかる。

ゴジラを駆除するために、自衛隊を出動させようとするが、その出動に前例がないと

いうことであたふたするも、何とか出動させる。しかし、歯が立たない。

やむ終えず、米軍の空爆を要請することになるが、米軍の攻撃によって、

ゴジラは、放射能を含む光線を吐き出す攻撃を開始する。

これにより、総理大臣は死亡。東京は火の海になった。

中露、米国の思惑が展開し、国連による核攻撃が決定される。

日本では、核攻撃を阻止するべく、ゴジラの血液を凝固し、ゴジラの活動を凍結する

作戦を立案し、全力を尽くしていた。

そして、核攻撃が迫る中、ついに凍結作戦が開始される・・・。


というようなお話でした。

思ってたのとはかなーり、違う映画でした(いい意味で)。

この映画は、政治的やり取りと、その皮肉を込めたような展開に苦笑い。面白い。

次々と目まぐるしく展開する様に、ついていけない政治のシステム。

今の日本の政治にヤキモキしている私たちにとっては、痛快な皮肉でした。

そして、核攻撃に対する反応がリアルなもので、

それだけは、日本人のDNAに刻まれているような何かで、それを共有できたような、

映画館で不思議な共感が出来ました。

そして、ゴジラは街を見事に破壊していきました。

人間の思惑の中に納まらないゴジラという存在に、圧倒されました。

面白かったです。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

TSUTAYAのレンタルカードで最近映画ばっかり借りています。

うん。生活がぐずぐずだ。。。

このたびは、面白いといううわさを聞いて、「書道ガールズ」を借りてきました。



あらすじ

製紙工場の煙突がトレードマークの四国中央市。

その商店街は次々と閉店していた。

その不況の波に飲み込まれるように、書道部員の清美が転校していった。

彼女が最後にやりたかったのは、臨時でやってきた書道部の顧問が見せた

「書道パフォーマンス」であった。

残された里子たち書道部員は、書道パフォーマンス甲子園を開催し、

街を盛り上げ、また、自分たち書道部をなんとかしようと動き出す。

選んだ文字は、「再生」。アンジェラ・アキの「15の手紙」に載せて、

パフォーマンスの練習に励んでいく・・・。

そんな感じの物語です。

うん。

典型的な、ダメ部活が、頑張るっていうストーリーですが、

胸が熱くなりましたよ。

字を書くって、こんなにも体力がいるし、心を動かして書くものなんだって、

字の大きさ以上に表現されている気がして、なんだか、字って、いいなぁと思いました。

いい映画でした。



拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
28
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]