忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      なかまくらです。

映画「太陽」 観ました。



世界中に、ウイルスが蔓延し、多くの人間が死んだ。

しかし、ウイルスに耐性のある人間が生き残る。

彼らは、強い光に弱く、太陽の下では生きられない身体になっていた。

彼らはしかし、優れた回復力と強い身体能力そして、明晰な判断能力を持っていた。

彼らはノクスと呼ばれた。

一方、ウイルスの脅威におびえながら生きる旧人類の生き残り。

彼らはキュリオと呼ばれた。

ノクスは反映し、キュリオは次第に衰退していった。

しかし、ノクスには致命的な欠点があった。子どもがほとんどできないのだ。

そんな真実を知らないまま、キュリオは、ノクスを夢見て、転換手術を受ける。

ある村でも、2人の若者が家族に翻弄されて、ノクスへの転換手術へと向かっていく。

ノクスになりたかった少年と、ノクスになりたくなかった少女。

最後にノクスになった少女は、ノクスにならなかった少年に、

こういうんですね。「今までいろいろ悩んできたのが馬鹿みたいだった」

それを聞いたノクスになりたかった少年は、ノクスになることを辞めるのでした。


そんな物語。

この映画の原作は演劇なんですよね。イキウメという映画。

2011年だったかな? に当時住んでいた広島から、大阪まで観に行って、

感動した思い出があります。

それほどに、この「太陽」は、私にとって大切な作品。

映画版は、家族に焦点を当てた物語になっていました。

だから、医者の金田の役割は映画版ではなくなっていました。

ノクスの出生率は、実質0、という部分は少し緩和されて、

ノクスは滅びゆくのだということは、すこしベールに包まれた感じになっていました。

まあ、思い出補正もあるでしょうが、舞台版の「太陽」のほうが好みでしたね。

ただ、

映画版の良いところは、

映像の美しさですね。

日本の映画特有の少しベールのかかったような画面。

アングル、風景。

そういったものが、「太陽」に対して持っていたイメージをさらにグンと

深めてくれたように思いました。

いい映画でしたよ。

拍手[0回]

PR
                      なかまくらです。

「ちはやふる -下の句-」観ました。



あらすじ

千早が作った瑞沢高校かるた部は、全国大会出場を決めて、それに向けて練習に励んでいた。

ところが、千早と太一にかるたを教えてくれた新は、かるたを辞めてしまっていた。

新は、名人だった祖父の死によって、かるたをやる意味を失ってしまっていたのだった。

全国大会が迫る中、千早は、チームの勝利のためではなく、新を呼び戻すために、

女王であるしのぶに勝つための練習に明け暮れていた。

太一もA級に上がるための大会にエントリーしていた。

瑞沢高校の仲間は、千早に続いて離れていこうとする太一に

「部長までひとりになろうとしないで」と声を掛ける。

太一は、それで自分がひとりになろうとしていることに気づくのだった。

女王しのぶのかるたは、どこかで教わったものではなく、独学で身に着けたものであり、

独特の手となっていた。かるたはひとりでやるもの。団体戦はお遊びだ。

しのぶは個人戦にのみエントリーしていた。

しかし、千早と太一が教わっている白波会の先生は、「個人戦だって団体戦だ」

という。

競技が始まり、千早と太一は勝ち上がっていく。

そして、女王しのぶと千早がぶつかる。

圧倒的な女王の力の前に、千早は圧倒されてしまう。

しかし、周りには一緒に見守り、戦ってくれる仲間がいた。

一番かるたが楽しかったのは、新と太一と千早で3人で団体戦を戦ったあの頃だった。

千早は、「しのぶれど」の札を女王しのぶから奪い、反撃を開始するのであった・・・。

みたいなお話でした。


べたですよね。べたなお話でしたが、とてもよかったです。

仲間で支え合うこと、それから、

自分が気づかないうちに離れていっているのに気づかせてくれるのも仲間だということ。

そういう仲間に出会えたら、どんなに幸せだろうって、そんな風に思いましたね。


上の句に比べると、前半が、なんとなくよどんだ感じのシーンが続いて、

ちょっと辛かったというのが正直なところ。

後半はとっても良かったですが、ちょっと駆け足にしちゃった部分もあるようで、

もうちょっとほかのメンバーにも光を当ててほしかったなぁと思いました。

あとね、音楽がいいですよね。

主題歌のPufume「FLASH」もすごいいい曲ですし、

メインテーマになっている音楽もすごくいい。

いい映画でした。

おわり。

拍手[0回]

                      なかまくらです。

「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』」観ました。



良質な作品を繰り出し続ける京都アニメーションによる、高校吹奏楽部のお話です。

あらすじ

主人公の久美子は、ユーフォニアムというチューバを小さくした楽器を小さい頃から

やっていて、高校でも気が付くと、ユーフォニアムをやっていた。

久美子には苦い思い出があった。中学の最後のコンクール、全国へ行けなかったことを

悲しむ高坂さんに、「本気で全国行けると思ってたの?」と言ってしまったのだ。

そして、高校は、家から離れたところを選んでいた。

ところが、そこに、高坂麗奈がいたのだ。

そして、新しく顧問になった滝先生の厳しい指導のもと、再び全国を目指すことになる。

そんなお話です。


さて、事前情報なしで映画館へ行きましたが、やっぱりといいますか、総集編でした。

去年、TVシリーズがあったんですね。

このTVシリーズをえいやっと一本の映画にしたわけです。

TVシリーズにはまったのは、時間をすごく丁寧に書いていて、

その言葉の一つ一つ、感情の機微に心揺り動かされたからなのです。

だから、劇場版の尺でそれをやっちゃうとなー、と思いながら映画館で見始めたわけです。

映画では、マーチングと、最後の全国の予選になるべく力を入れて描いている感じでした。

その部分はやっぱり熱を感じましたね。この物語にはうかされる様な熱がある。

でも、単体で良かったのか、

TVシリーズを知っているがゆえに勝手に補完して良かったと思ったのか、

それはなんとなくわからない感じになってしまいました。

でも、まあまあよくできていたのでまあ、よかったんじゃないですかね。

2ndシーズンをやるそうなので、そちらにも期待したいですね。

おわり。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

「テラフォーマーズ」観てきました。


漫画は、最初だけ読んだ感じです。

地球の犯罪者を集めて、昆虫と人間を掛け合わせる手術を施し、

火星に送る。その目的は、テラフォーミングの為に、送り込んだゴキブリが

火星で以上進化してしまっており、そのゴキブリを駆除するためであった。

ところが、ゴキブリは、人間のように二足歩行をし、武器を操り、

強大な力とスピードでもって、襲って来るのであった。

彼らは、エンジンにトラブルのあったアネッサ2号に離れた場所にある

アネッサ1号のシステムを付け替えて、地球へ帰還することが出来るのか!

みたいな感じのお話でした。

とにかくつっこみどころが、満載でした。

・ え、なんで、たった10人くらいで空を覆いつくすほどの数のゴキブリをなんとか
  出来ると思ったのだろう。

・ 戦闘経験の一番あるやつがあっさりとやられるのに、なぜか、次々と敵をなぎ倒す
  チンピラみたいな主人公。

・ 変態時間は、数分と言っていたのに、相当長く変態したままだよね。

などなど、ありましたが、

あーこれはやべーわ、話題乗っかっちゃって作っただけだわ~

というよりは面白かったから不思議でした(笑

終わった後にクレジットを観たら、脚本、中島かずきさんなんですね。

あー、なるほどって思いました。だから、結構楽しめたんだなぁって。

まあ、なんかもうちょっと、厚みがほしかったなぁっていう感じの映画でした。

バトルに費やし過ぎかなあと。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

「 Re:LIFE~リライフ~」観ました。


公開から、結構時間がたっている作品のようですね。

2014年の映画のようですが、2016年春に近くの映画館でやっていて、

面白そうだったので、観に行きました。

あらすじ。

15年前、「間違いの楽園」で一躍有名となった脚本家キースは、

それ以降、鳴かず飛ばず。妻に逃げられ、息子には1年も連絡を取っていない。

そんなキースに舞い込んだ仕事は、片田舎の大学の講師だった。

最初は、一時的なものであると考え、やる気を見せなかったキースだが、

真剣な学生たちに、追いつめられるようにして、だんだんと力を入れていくことに。

それが、だんだんと本気になっていく。

そして、キースはかつて、自分が栄光を勝ち取った頃のことを思い出していた。

見栄を捨てて、生徒に向き合ったとき、物事がいい方向に動き出す。


そんな感じの物語でした。

ううーーーーん! これは面白い!

年を取ったせいか、こういう物語にすごく惹かれます。

「まだ、人生はやり直せるんだってこと」

そのために、頑張っていいってこと。

年をとればとるほど、見栄とか虚栄心の塊になってしまうわけです。

でも、それを棄てることが出来れば、

誠実に人に向き合うことができれば、人生はきっといい方向に進んでいくんだって、

そんな気持ちになれる素敵な映画でした。

観れてよかった!

そんな映画でした。お勧めです。

拍手[0回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]