忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

すごく今更ですが、「トップガン」を観る。



テレビで放映されていたので、名作と名高いトップガンをみることに。

トムクルーズは好きなんですよね。

すごく主人公って感じ。

で、トップガン。

簡単に言うとアメリカの空軍のエリート戦闘機乗りとして、訓練を積む話です。

自信に満ちあふれた青年であった彼が、その傲慢さゆえに挫折を味わい、

一度は逃げようとする。

かつての相棒はいないが、それでも、相棒だったら飛ぶだろう。

失意のままに、卒業式に臨んだ彼は、緊急出撃を余儀なくされる。

仲間の危機に、彼はもう一度戦うことを選ぶのだった。


というようなお話。

まあ、あまり難しいことを考えずに、楽しく観る青春映画でした。

天才の挫折と復活。そんな映画でした。

音楽がかっこよく、映画と音楽のコラボってこの時代流行ったそうです。

あとは、なによりも映像が素晴らしい。

実際に撮られたのであろう空中戦が良く出来ていて、

「紅の豚」で空中戦の魅力を知ってしまった私にはたまらない興奮でした。

おわり。

拍手[1回]

PR
                      
なかまくらです。

「レディプレイヤー1」観てきました。

スティーブン・スピルバーグが監督を務めた最新作です。



未来の世界。

現実世界は疲弊しており、人々は、「オアシス」と呼ばれるVR世界に熱中していた。

「オアシス」は、様々なジャンルのゲームが楽しめる仮想空間であり、

ゲームの制作者で運営会社の社長であるハリデーが遺した謎が世界を熱狂させた。

3つの鍵を集めたものに、会社の経営権を引き継ぐというものであった。

ウェイド・ワッツは、スラム街に住む青年であったが、

彼もまた「オアシス」に熱中する1人であった。

彼は、ある日、世界で初めて、一つ目の鍵を手に入れるゲームの攻略法を

見いだした。

そして、ゲームは動きだし、鍵の争奪戦が始まる。

争奪戦の中で、ウェイドは現実世界の抱える大きな問題に直面していき、

現実を生きる大切さを知るのであった。

そして、「オアシス」を賭けた最終決戦が始まる!


みたいな感じのお話でした。

簡単に言いますと、エンターテイメント!

とにかく、単純! 分かりやすい! ワクワクする!

そんな映画でした。

いろんなところにいろんなキャラクターが登場していました。

あとから、wikipediaで調べましたが、とても見つけおえません。

何度も観れば、新しい発見がありそうです。

ゲームとは元来そう言うものだったはずです。そういう面白さがあります。

ストーリーは原作があるそうですが、

わりとありそうな話。

最初の「探せ!」は「ONE PIECE」だし、

何の取り柄もない普通の男の子が、ゲームの世界でヒーローになれるのは、

「ソードアート・オンライン」という感じ。

どこかで観たことのあるものを集めて作られた作品ですが、

それすらもオマージュというか、懐かしいものを観るような

安心感とともに、物語の中に入っていける。

最終決戦のメカゴジラや、ガンダムの登場は驚きとともに、

楽しかったなぁ、という印象。

贅沢を言うなら、ガンダムの駆動音はそのまま使ってほしかった。

まあ、そんなわけでオタクな私には、大変楽しい映画でした。

おわり。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

でこぽんって知ってます?

ネーブルとかオレンジとか、そういう種類の果物なのですが、

これが、めっちゃ美味しいんですね。

まあ、高いですけど。

たまーに、買うんですね。

どうやって皮をむくといいんだろう?

と最近のはやりはこの縦にむくスタイルですね。




拍手[0回]

                      
なかまくらです。

「下町ロケット」読みました。



ドラマを数年前に観て、いつか読みたいと思っていた本でした。

研究者から、町工場の経営者となった主人公が、

大企業を凌駕する発明を生み出したことがきっかけで、

自身の夢をもう一度追いかけるチャンスに出会う。

しかし、会社は赤字もあるし、特許は理不尽な訴訟にもなるし、

夢よりも現実を追いかける若者も出てくる。

しかし、不器用ながらも誠実な主人公、

そのひたむきなもの作りへの情熱を応援し、支えてくれる人たちに出会い、

困難を乗り越えていく。

真っ直ぐな想いは強い。

正しいことを正しいという気持ちよさがある素敵な作品でした。

拍手[1回]

                      
なかまくらです。

通りがかり、2台の車が。


奥がデミオで、前がアクセラかな?

デミオって、フロントグリルが上から2本しかなくて、

あとは、プラスチックのカバーみたいになっているのです。

ところが、アクセラは、グリル(吸気口)が、下まで全部平行に入っていますね。

ん~~、こっちのほうがかっこいいですね。

お金のかかる話ですわ、たぶん。

拍手[0回]

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/07 なかまくら]
[04/02 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]