忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

アガサクリスティー原作の推理小説の映画化です。

何度も映画化されている名作だそうですね。

「オリエント急行殺人事件」を観てきました。



あらすじ

世界一の名探偵ポアロは、休暇のために、

友人が支配人を務める豪華列車に乗り込んだ。

その列車には、いかがわしい骨董商が乗っており、

その骨董商は、ポアロにボディーガードを依頼する。

ポアロは休暇中出ることを理由にその依頼を断る。

すると、骨董商は夜のうちに誰かに殺されてしまうのだった。

列車は雪崩で脱線し、止まっていた。

助けが来るのは先になる。友人はポアロに解決を頼む。

このままでは、警察の人種、身分による偏見で犯人が決まってしまう、と。

ポアロは乗務員たちへと質問をし、推理を進めていくのだが、

犯人が絞り込めない。

やがて、ポアロはこの事件のおどろくべき真実に気付く。


と言う話でした。

やー・・・、ミステリー映画って、今時あまりないなぁ、と思ったのでした。

アクションの中に謎もある。とか、冒険の中に謎がある。とか、

アクセントとして謎があるくらいで、謎を解くだけで2時間映画を作るということ、

それが出来る監督ってちゃんといるんだろうか、と思いました。

つまり、ちょっといまいちな感じでした。

謎を楽しませる工夫がない感じがします。

ポアロが乗客から聞く話の中から、背後に浮かび上がる事件の存在が明らかになっていく

ことは観ていて楽しいのですが、

それをメインの謎解きにしてしまっている感じがしました。

そうではなくて、この事件を解決するためにいろいろなことを明らかにしていったら、

背後の事件のことが浮かび上がっていくという形式を取らないと、

あるところからは、もうずっと、背後の事件のことを追っている感じがしました。

あとは正義の話。ポアロが最後に正義とは何かという問いを出しますが、

それに頼って、そこまでの謎解きのぼんやりしたところを全部うやむやにしようとしている

そんな感じがしました。

ただのお楽しみのミステリーとしてみていたら、ハッとさせられる・・・。

そんな風でないと、見ている人は素直に受け取れないですよね。

もっとミステリーの達人が監督をやった方が良かったのではないですか? という感じ。

そんなわけで、微妙な出来でした。

拍手[0回]

PR
                      
なかまくらです。

① 初夢のはなし

今年の初夢・・・

私「失礼しまーす」
校長「なかまくら君」
私「はい」
校長「実はね、転勤だ」
私「ふぇっ!?」
校長「いや、本当はいてもらおうと思っていたんだけど、残念だ」
私「え、いや、待ってください! だって、クラスは!? 部活動は!?」
校長「・・・残念だ」

という夢でした。正夢になっちゃダメよ~、ダメダメ!

今大切に思っているものやことが分かる夢だったなぁと。


② ワークショップ不参加決定!

今日、お手紙が届きまして、3月24,25日に、演劇ワークショップをやるとのこと。

去年、参加しまして、楽しすぎて、最早、いつまでもこの時間が続けば良いのに!

と思ったり、

その勢いで市民ミュージカルに参加しちゃったくらいのそれがこれです・・・が、

その2日間はですね~~~、全国大会の引率で金沢にいます!!(ガーーン)


③ ゴジラ

アニメ映画「怪獣惑星GODZILLA」のウエハース。

カードが一枚同梱されており、120円くらい。・・・ええ、9個目を手にしたとき、

ハッと我に返って、9個目は棚に戻しました。わー、かっこいい!


④ 映画

いろいろ見たので、そのうち感想を・・・と思いつつ、放置中。

メモメモ「オリエンタル急行殺人事件」「ミックス」


⑤ お洒落

昔より、お洒落を気にするようになった気がします。まあ、いろいろありますな。

それから、「これだっ!」という服しか買わなくなったのと、昔買った服の着方が、

ようやく分かってきた気がします。気がするだけかもしれませんが(苦笑)。

お気に入りの靴をついに発見! 靴屋さんって、一期一会感ありますよね。

そこで、出会って、買うわけですが、どんな靴が欲しいとかって、正直よく分かってない。

だけど、それを見たときに、「これだっ!! これが欲しかったんだ!」と収束する。

まるで、量子論の世界みたい。それを観測することで結果が収束する。

シュレディンガーの猫みたいに! あ、これ面白いな。いつか小説にしよう・・・。


⑥ 明日

仕事。明後日は休み。


⑦ つぶれたネジ

ネジザウルスという商品で緩めようと奮戦! 最初のひと緩みは、ドライバーじゃないと

厳しいかも。無理矢理押し込んで、形作って、それから回す。ちょっと緩めば、あとは、

ネジザウルスが、ぎゃおー、と外してくれました。


エンジニア ネジザウルスGT 1個

⑧ そろそろ

寝ます、おやすみなさい。

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

始まっちゃいましたね~、2018年。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

年賀状を書いたりとか、職場の書類の整理をしたり、大掃除をしたりだとか、

そんな風に忙しく過ごしていたら、あっという間に終わってしまいました。

いよいよ30才になる2018年ですが、ひとつすごく感じるのは、

人間関係の変化・・・というより、衰退?

あまり、周りの人と深く関わらないで生きているなあと思うのですね。

しかも、生まれた地元の同級生も結婚したり、地元を離れたりしていて、

交友関係がどんどんと希薄になっていますね-、大変だー。

2018年にやろうかな、ということ。

① ちゃんと、全員卒業させること!
  ・・・これ、大事ね。この3年間の仕事の成果はここで試される。

② ちゃんと運動すること!
  ・・・年々、腰が痛い。首が凝る。階段や坂が辛い・・・これ、運動不足ですわ。

③ ちゃんと勉強すること!
  ・・・最近サボり気味の教科の勉強をちゃんとやること。
     ついつい後回しにしちゃうのは、子どもの頃から変えられないものですね。

④ 物書きやること!
  ・・・小説、戯曲書きたいなぁ。機会があったら、コンクールとか応募してみたい。
     無理でも、本は出したい。

⑤ 婚活すること!
  ・・・(笑)。30才になるので、婚活とかしてみようかなぁ、
     とちょっと真剣に正月は思っていたけどさぁ(苦笑)。まあ、気が向いたらね。


そんなわけで、今年も頑張っていきましょう~~。

拍手[1回]

                      という感じでした。

小説8作、戯曲2作でした。

作品数は少ないですが、どれも素敵な作品。

「竜刻草」も素敵ですが、「小さな人」、「月がきれいだ」

もお気に入り。

あとは、戯曲「比飛人」

これも、やっと書き上がった作品でした。

いつ頃かなぁ、、、2年前くらいに「モブサイコ100」をアニメで見て、

兄弟ものを書いてみようと思ったのでした。

原作の漫画版の最終回も良かったなぁ。

それから「君が宇宙へ行く頃」

私が初めて書いた1人芝居となりました。

大学の後輩がvoicyというネットラジオのパーソナリティをやっていまして、

それに触発されて書いたのでした。


さて、来年も頑張って書きますよ!

どうぞ、お付き合いください。
感想もくださいね(・u・)

拍手[0回]

                      
なかまくらです。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」観ました。



あらすじ

レイは、R2とともに、惑星R2に潜伏しているルークに会いに行く。

しかし、ルークはかつて、弟子であったカイロ・レンを暗黒面に落としてしまった

失敗から、弟子を取ろうとしなかった。ジェダイは滅びるべき、とも。

レイはその頃、フォースの導きにより、度々カイロ・レンを近くに感じていた。

ずっと遠くにいるのに、すぐそこにいるような気がするのだ。

レイはカイロレンに、まだ遅くない、こちらへ戻ってくるのだ、と説得を試みる。


レイは諦めず、辛抱強くルークを待った。そして、ルークは、レイを弟子とした。

レイは恐るべきフォースを秘めていた。フォースとは何か、とルークは尋ねる。

それは、自分の内なる力ではないのだ、と。

そのころ、反乱軍は、ポーが孤軍奮闘していた。

レイアは間一髪、一命を取り留めたが、意識が戻らない。

代わりに指揮を執っている老女は、何の策もなく、

ただ時間を浪費しているようであった。

追い詰められた最後の戦艦、その燃料が切れようとしていた。

ポーは待っていた。脱走兵であったフィンと艦内で知り合ったメカニックが、

バリアを破る暗号解読士を連れて敵艦へ行き、

敵艦の追尾装置を破壊して戻ってくるのを。

しかし、ことは上手くいかない。脱出ポットで、近くの惑星へ逃れる。

旧式の装備しかない、使われなくなった基地。

敵はすぐそこまで迫っていた。

そこに、ルークが不意に現れる。

ルークはひとり、敵戦力の真ん中に立つ。

敵の猛攻にルークは無傷であった。カイロレンが直接対峙する。

最後のジェダイが今死のうとしている、カイロレンがそう言うと、

ジェダイはまだもう1人いる、という。

脱出してきたポーらをミレニアムファルコンで迎えるレイが。

カイロレンは、武器を納めたルークに斬りかかる。

そして、その恐るべきパワーを知る。


・・・というような話でした。

まずね、レイが超美人になってる!

この人、超美人ですね~。アイドル発掘と一緒ですよねぇ、こういうのって。

映画の長いスパンの中でまだ、若いから、顔って変わっちゃうと思うんですよね。

あと、演技で化けるとも言いますよね。演技が良いんですね。成長してます。

次、ルーク! ルークは伝説のジェダイ・・・・・・ん?

伝説のジェダイ??

そう、エピソード4,5,6と観てきた人は、うーん、伝説のジェダイ?

という印象がぬぐえないはず。ヨーダの修行は途中で抜け出すし、

皇帝パルパティーンとの戦いも、正直、手も足も出なかった。

父がいなければ、太刀打ちできなかった。もちろん、父の目を覚まさせたのは、

彼の功績ではあるのだが、強いフォースがあることもよく分からなかった。

情けない姿の方がよく見ていた気がします。

しかし、今作。80%位の時間、涸れ、ルークは情けない男です。

しかし、ラスト、ルークは師であるヨーダと同じようにして死を迎えます。

震えました。

フォースと一体となり、自然とひとつになったのでしょうね。

エヴァンゲリオンみたいですね。ATフィールドを失った人間、みたいな。

いや、それだと人間から離れられない。

NARUTOのチャクラのほうが近いのかな。仙人エネルギーを取り込みすぎると、

蛙になってしまう・・・(あれ、今度はカエルだ)

まあ、ともかく、震えました。かっこいいなあ。そして、思想的でもある。

さて、全体を観ても、非常に良く出来ていました。

カイロレンはちょっと成長したし、善と悪の狭間で揺れる姿が

アナキンにも重なる。

エピソード9で第二のダースベイダーとして立ち上がっちゃうかなぁ、という感じ。

カイロレンの師匠はちょっと、拍子抜け。もうちょっと頑張っとけよ。

あと、師匠の周りのロボが無駄に強すぎ。

もうジェダイいらないじゃん、という強さ。

・・・いや、レイたちがやっぱり往年のジェダイたちに比べて圧倒的に力不足なんでしょうね。

メカニックは殺しちゃうのはちょっと勿体なかったのでは??と思いましたが・・。

さて、次が楽しみだなぁ。

6月にはハン・ソロの若い頃を描いたスピンオフをやるそうですよ。

若い頃、ということは、レイア姫も出てこないし、

カイロ・レン(ベン・ソロ)も勿論出てこないわけですが、

どんな話になるんでしょうね??

そんなところで、終わり。

拍手[0回]

カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
4 5 6 8 9
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]