忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
 なかまくらです。

『GODZILLA 怪獣惑星』観ました。



あらすじ

人類は、あるとき、突然地底から次々と現れた怪獣に街を破壊されていく。

そして、戦いの末、現れた最悪の生物がゴジラであった。

ゴジラに対して、行った熱核兵器の攻撃も効かなかった。

地球への移住を希望する宇宙人も襲来し、事態は混沌を深めた。

宇宙人がその科学技術を集めて生み出そうとしたメカゴジラは起動せず、

人類は宇宙人を含めて地球をゴジラに明け渡し、新しい住まいを探すことになった。

それから船内時間で20余年が過ぎた。物資は目減りし、疲労はピークに達していた。

そんな中、ハルオ・サカキ大尉は、ひとり、ゴジラの画像を解析し、弱点を探していた。

それに目をつけた神官メトフィエスの協力もあり、

人類は亜空間航行によって、再び地球、ゴジラと相まみえることになる。

度重なる亜空間航行によって、すでに、地球では2万年が経っていた。

それでも、ゴジラは生きていた。結成されたゴジラ討伐隊。

その中にはハルオの姿もあった。

ハルオの発見したゴジラの弱点・・・体表面に電磁波のバリアを発生させ、

バリアを発生させていたゴジラであったが、バリアには、周期的に一瞬ノイズが走るのだ。

地球の環境は変化し、電磁波を発する大気、植物、毒性のある水・・・。

人の住めない世界になっていた。さらに、ゴジラの亜種の出現。

ゴジラを討伐するには最悪の環境であったが、ハルオ達は今度は逃げ出さなかった。

死力を尽くし、ついにゴジラを倒したかに見えた・・・だが、それは、

さらなる悪夢の始まりでしかなかった・・・!


と言うお話でした。

SF! ゴジラをSFにしたら、こうなるわけですね! ワクワク、ドキドキの90分でした。

アニメーションを作ったのは、「シドニアの騎士」をアニメ化した
ポリゴン・ビクチュアズ。

脚本は、容赦ないアニメには定評のある(?)虚淵玄さん。

CGを2Dに貼り付けた感じのアニメですが、結構表情とかも補完できます。

ぴかぴかの戦艦とか、ぴかぴかのロボットとは無縁の、退廃した未来の世界観がすごく

心を沸き立たせます。

ゴジラの絶望感も申し分なしです。

そして、衝撃のラスト・・・!

どーすんの、これ!?笑


続きがあるそうですね。楽しみです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/07 なかまくら]
[04/02 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]