忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

短いものですが、どうぞ。

ちょっと社会風刺的な感情が湧き上がっていて、珍しい私です。


***

「世界が変わるとき」
                   作・なかまくら


――羊を食べたオオカミは、井戸に落とされるという。
 じゃんけんでは駄目ということで、鬼ごっことなった。世界大統領を決める鬼ごっこ。世界を変える大役はガッツのある若者に任されたといっていい。マスメディアはこぞってこの様子を中継でお茶の間に届ける。鬼が世界を変えるのだ。タッチされると鬼になるのだ。
 なかなか決まらないので、モモタロウというルールが途中で追加される。モモタロウと鬼、どちらかが世界大統領に就任することが、データ放送による国民投票で決まったという。若者たちはその足を止めずに、鬼とモモタロウから逃げ続けた。新しい感覚で英雄の存在を探していた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/07 なかまくら]
[04/02 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]