忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      んな、回答編だけあげられてもねぇ・・・って苦情は受け付けられません(>ω<)!

「密室の謎Ⅱ」 爪楊枝さん作
http://ssstory.net/ssstory/story_ren/index.php?search_data=20111025223449342&page_num=1&anthology_name=&poetname=&count=137



の、回答編です。

どうぞ。面白い・・・のかもしれないと思ったので、あげてみました。



密室の謎Ⅱ(ふたりは・・・編)
2011/11/03
 
こんこん、がちゃ。
大学のスキーサークルの友人・工藤啓介が退出した部屋に来客があった。
 
「兄さん」
「正行か、どうした」
 
吉行は、天井を見上げた。
先ほどまで継ぎ目ひとつなかった天井に今はぽっかり丸い穴が開いていた。
 
この仕掛けは兄弟しか知らない秘密である。そしてこの仕掛けを活かすために弟・正行の部屋は吉行の部屋の直上に配置されていたのだった。
 
「あのさ。会社の経営のことなんだけど・・・」正行は話を切り出した。
「ああ、またその話か。分かってる。俺には林業の会社なんて向いてない。いっそ俺がいなくなっちまえばいいってな・・・」吉行は自嘲気味にそう言った。
「そんなことは・・・」正行に動揺が走るのが、吉行には見て取れなかった。
「いや、実際そうだろう!」
 
だから、
 
「ああ、実は俺もそう思ってたんだ。ちょっと代われよ、もう」
 
体格の差よりも、単純にその瞬間の心持が違った。一瞬の後には吉行は床に突っ伏していた。
正行は手早く空っぽのゴルフバッグを上の階から降ろすと、グラブを吉行の周りに括りつけるようにして縛って、バッグに詰め込んだ。これでもし誰かが外部からバッグに触れても少しのことでは見破られたりはしなくなった。
正行は吉行を隣りの書庫に運び、支度を済ませると、書斎に戻り、おもむろに声を張り上げた。
 
「た、助けてくれっ!」
「どうしたんだ」工藤啓介の少し慌てた声。
「桂木、早くマスターキーを持ってきて!」紗江子の声。
 
正行はその成功を確認しつつ、二階に戻り、何食わぬ顔で一階に戻るのだった。
 

 
桂木が部屋の扉を開けるのを待ち、まずは書庫に向かう。それから、書斎へ戻り、
正行は言った。
「あちらにはいませんでしたよ。そちらの状況は」
 
書斎に置いた炙りだしの仕掛けの【ヨキ】という単語から斧を調べることになり、正行はとっさに名乗り出る。天井に注意を向けさせてはいけない。
その後、よきの上を調べろという単語からゆかを調べることになる。床には正行があらかじめ仕掛けておいた隠し通路の足跡があったのだった。
 

 
「準備するための時間を30分ほど作りましょう」
正行は内心、勝利を確信していた。一番危ないところは凌ぎきったといっていいだろう。
 
30分の時間を利用し、ゴルフバッグを自分の部屋に運び上げる。それからベランダの柵に並ぶ植木鉢のロープに混ぜ込むように、ロープを結ぶと、ゴルフバッグを窓の外側に吊るした。
 
実際のところは分からないが、吉行はこの段階までまだ、息があったのではないだろうか。しかし、この極寒の中、吊るされるうちに吉行は誰に知られることもなく、命を落としたのではないだろうか。
 
最後の仕上げは電話である。
生来兄・吉行に声の似ていた正行は、その声質を利用して、事前に録音を留守電に残していたのである。
「みんなしてぼくを探してくれているようだね。嬉しい限りだ。しかし、まだ屋敷を探しているようじゃ僕は見つけらないし、僕は二度と家に戻る気はない。軽蔑してくる母、主体性のない妻、ぼくより優れた弟、比較する周りの声。もううんざりだ。家業なんて正行が継げばいい。ぼくは本当の愛を見つけたんだ。だから彼女と二人で新しい生活を始めるつもりさ。みんな元気でな。啓介、洋平、くだらない結果に終わってしまって残念だが、僕にはどうしようもないんだ。元気で暮らせよ。ガチャ、ツーツーツーツー」
たったひとつの誤算は、成田洋平が雪でその場にいなかったことである。だが、茫然とする人々の中において、その事実に気付くものはいなかった。
 
正行は心の中で踊りくるった。
 

 
踊り疲れて憔悴したようになってしまった正行は、
翌日、正行は車に仕事用だと言ってゴルフバッグを積み、啓介を駅まで送った。
ゴミの中にまぎれてしまったゴルフバッグなど、触るものもいなかった。
 
 
 
***
 
 
「・・・・・なぁ、どう思う」
カラン。
啓介の置いたグラスの氷が音を立てた。
「・・・・・・クククッ」
隣の男が笑う。
「あーっひゃっひゃっひゃっひゃ!!」
「おい、成田! お前、飲みすぎだぞ! そりゃあ、俺だってショックだよ。だがな、俺達の手で、この事件に決着をつけなくちゃいけないんじゃないか!? そのために、お前の力が必要なんだ!」
啓介は顔を真っ赤にして成田の肩をがしっと掴んでいた。
「まあ、なんだ・・・・・・」
成田は、にじみ出てくる涙を拭いて、言った。
「お前、推理小説家にでもなってみたらどうなんだ」
カラン。バーの扉が開き、ベルを綺麗に鳴らす。
数段しかない螺旋階段をカツ、カツ、と革靴が鳴らす。
啓介の顔が赤から黄色に変わり、青になった。
「なあ、お前もそう思うだろう・・・・・・吉行」
「さて、気に入ってもらえたかな、今回の趣向は」
吉行はその色白の顔に笑みを浮かべて2人の隣に座った。さらにその隣には、見知らぬ女性が座っていた。
「ああ、紹介するよ。私が今、愛している女性だ。今度結婚するんだよ」
「初めまして」女性は艶っぽい声で、そういった。
「ああ、初めまして」
 
会話の中で彼女が物静かな感じだが意思を持った魅力的な女性であることが分かったが、啓介は、どこか紗江子夫人に通じるところがあるように思えてならなかった。
 
「そうだなぁ、名探偵は、なかなかの名推理をしてくれたわけだが・・・」
と、吉行は最初に頼んだカクテルをぐいと煽って口火を切った。
 
 
会社を継ぎたい正行と、自由に生きたい吉行。ふたりにとって、最大の障害は母・節子の存在であった。ところが吉行が失踪とでもなれば、正行に継がせないわけにも行くまい。ふたりは一計を案じた。
①     吉行は「たすけてくれ」といい、書庫に隠れる。正行が書庫に吉行はいないと証明する。
②     床の仕掛けを作動させて、吉行の逃げ道の確保に成功する。
③     吉行は皆が車庫を離れる頃に、そっと車庫に入り、トランクの中で一晩を過ごした。
 
 
「いや、ちょっと待った! 出発前に、桂木さんとオレで、自動車調べたし!」啓介は口を尖らせた。
「いいかね、ワトソン君。自動車にはスペアタイヤというヤツがトランクの下に大体は収納されていてね・・・」
「あっ・・・」
啓介は思い出す。ゴミがたくさん詰まれたトランク。そのゴミを一旦取り出して、床をはがすような時間はあの時、なかった。・・・・・・・・・正行が鍵がないといって、あちこち探していたからだった。
 
「・・・・・・ていうか、別に次の日にすれば良かったんじゃない?」
「成田がなぁ・・・ネタ晴らしは今晩にした! っていうから、そうもいかなくなったわけだ」
「グルだったんだな!」啓介はむずがゆいようなこらえきれない笑いを感じて、やがて、笑い出す。ふたりも既に笑っている。ひとしきり笑って、啓介は、あれ、と思い出す。
 
「紗江子夫人、どうすんだよ。嫁さんだろ?」
 
ああ、と吉行は笑いすぎて出た涙をぬぐうように、こう言っていた。
 
あいつは元々、正行が好きだったんだ。
 
 
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]