忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      なかまくらです。

広島大学演劇団 劇団群青「髪をかきあげる」を観てきました。

この記事を書くかどうか、悩み中。。。

なので、工事中。

理由は、まあ、機会があれば。


+++(追記)+++



・・・・・・まあ、書きますかね。

感想を得たいと思うことは罪じゃない。

ただ、ギブアンドテイクなんだよ~って、思うのは、私がちょっとでも疚しい気持ちでこの記事を書くからです。

ブログはただの日記とはおそらく一線を隠して・・・ジャナカッタ、画しているのですよね、分かります。

で。


お話のあらすじ。

トモヨは、Office Lady。いわゆるOL。

彼氏がいて、彼氏はまだ若くて馬の真似ばっかりしている。

彼氏には、友人がいて、やっぱり馬みたい。

彼氏の友人には馬みたいなやつが好きなお嬢様の彼女がいて。

トモヨには上司がいて、子どもを作れなかった夫婦の友人がいて、

上司には不倫を迫られ、夫婦とは友達になって、

トモヨの周りで時間が勝手に過ぎて、いろんな人が勝手なことをしだす。

誰もトモヨをゆっくり待っていてくれない。

せっかく好きになれそうだったのに。

髪がかきあげられるようになるまでなんて、待ってくれない。

   誰を?

       誰が?

馬の彼氏を待ちはじめて。




みたいな感じです。

ふぅーん、みたいな。・・・・まあ、面白かったです。

いろんな夫婦が出てきて、それぞれが独特な家庭事情を持っているというか、

そういう繊細な雰囲気みたいなのがあって、そういうのが感じられて心地よく観ました。

ただ、ちょっと冗長なところも多くて、場転も多いので、眠くなる時も・・・。

いかんいかんと、お尻の痛さ加減も手伝って、最後まで見れました。

個人的には蛍を探す夫婦の夫が好きでした。ゲゲゲの女房のあの人みたい。

物語としては、村井というサラリーマン(馬の彼氏の友人)と、早川さん(トモヨの上司)が好きでした。

心の隙間が今の私と似たようなところにぽっかり空いていて、別に何かが解決してくれたりはしないので、埋めてくれたりはしないのだけれど、なんとなく、そういう共感が穴の吸い込みをやわらげてくれました。

以下、箇条書きで。
  • 中川、村井のやさぐれ男コンビが、裸で、取っ組み合いで、変態でした。ありがとうございました。
  • 夫婦が、貫禄でした。いい味出してました。1年生の子(婦)と夫の子と、うま~いバランスだった気がします。う~まいね。
  • 家庭教師云々の話のあたりが一番強引かな~と感じましたが、まあ、いっか~。なんとなく粗野な感じの男に引かれていくお嬢様・・・って、どういう観客層狙いなんだww
  • 馬さん、なんなんですかね。彼はよく分からないですね。でも、好きですよ。でも、きっと物語のイメージでは(トモヨさんの脳内では?)、白馬の王子様候補なんだろうなぁ。なんて、野生的な! なよっとしてるけど!
  • 早川さん。何あのキャラ。なんで男性陣やさぐれまくってるのw 惹かれるじゃないの。なんなの、ウルトラマン、なんで変身すると顔より小さいの! こっちみんな! でも、軽口の裏にあるようなないような、ああいう繊細さ、好きなんです。
     
おわり。次、9月までないのかなぁ~。

ちょっと寂しいね。。。




拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]