忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

感想、一気書き!
「獣の奏者 1闘蛇編」



鹿の王を読み終えて、こちらにも手を伸ばしました。

これまで読んでこなかったのが悔やまれる・・・!

主人公のエリンが、過酷な運命にさらされながらも、

ジョウンやエサル師といった周りの優しい人たちや、

生き物の営みに心奪われていくうちに、少しづつ癒されていくような、そんな物語でした。

闘蛇の設定が細かすぎて、実際にいるんじゃないかっていうリアリティーがありますね。



「獣の奏者 2王獣編」


王獣という、闘蛇をやすやすと食い殺す獣の王は、決して人に慣れないとされていた。

けれども、エリンは、その王獣・リランと意思疎通をする術を編み出してしまう。

ヒトと獣は決して本当に理解しあうことは出来ず、その間の壁を守らなければならない。

そんな母の言葉に果敢に挑むことになっていくエリン。

しかし、そのために、エリンは、政治に巻き込まれてしまう・・・。

前半は、次々とエリンの工夫が当たり、

リランが野生の王獣のように立派に育っていく様にどきどきしますが、

中盤から、政治的な争いに巻き込まれ、

王獣を人間の武器として扱う恐ろしさや卑しさに苦悩する場面が多くみられ、

こちらも苦しい気持ちになりました。

ラストシーンは、希望ある終わり方ですが、少し終盤展開を急いたかな、と思いました。

人と獣の話にはとどまらず、生き物の営みの複雑さ、その尊さを感じる物語でした。




「獣の奏者 3探求編」


エリンは30才ほどになり、夫を持ち、子供も生まれていた。

そんななか、闘蛇の大量死について調べるところから、物語は始まる。

イケで飼われた闘蛇が繁殖をしないように巧妙に仕組まれた規範が

再びエリンに生命をゆがめる人間を思わせる。

そしてなぜ、始祖ジェは、そんなことをしたのか。

世界はぐっと拡がって、世界の姿が見えてくる。

エリンが子供だった頃を彷彿とさせる、明らかになっていくことの面白さがありました。

それと同時に、真王セィミヤの成長も面白いところです。

また、エリンの家族の物語でもあります。幸せをつかもうとして、

それでも、破滅的な未来に向かって転がっていく後半は、読んでいて辛いものでした。




「獣の奏者 4完結編」
 

リョザ神王国を長らく守ってきた闘蛇を育てる秘密が他国にわたってしまう。

エリンは、その闘蛇の軍と戦うために、王獣の軍を作ることになってしまう。

かつて、破滅をもたらしたという闘蛇と王獣の衝突。

その不穏さが、にじみ出てくるばかりで、実際は見えないままに、

最後の決戦を迎えてしまいました。何が起こるんだと固唾をのんで

読み進めるしかありませんでした。

最後は、やっぱりそうなるんだなぁと、なんとなく、悔しいような、

そんな気持ちになりました。

長く、一緒に旅をしてきたような、そんな読後感に襲われました。



ああ、やっぱりファンタジーはいいなあ、と思うのでした。

人と人がなぜ争うのか。そんな普遍的なテーマがつっと心にしみてくるのでした。

ノンフィクションでは白々しく感じてしまうメッセージが、

物語という形ならば飲み込める。

そういう魅力にあらためて触れさせてくれる物語でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]