忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
###################
##  SF・・・Sience Fiction  ##
##  FS・・・Fake Sience     ##
###################

なかまくらです。

永久機関とは、ヒトの夢なのでしょうね。

でも、それは泥沼です。人生かけてやっちゃいけませんね^^;

SFが好きな人ほど、科学が好きな人で、自分に自信があるほど、それをやってし
まいそう。

今度こそ、・・・と思うのは、悪いことじゃないですけど、

現象がなくて理論だけで云々やっていると、どこか、おかしいところがあるもの
です。

気づかぬうちが華、なのかなぁ。

気づいたら、土くれだった、が人の欲。今でも、本気で信じている人っているん
ですね。

或いはただの詐欺紛いのお金儲けか。



永久機関についての質問
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa4155505.html

会社もあったw
http://www.graveng.com/dynamo/
物体が制止するのには、エネルギーが必要である。例えば、人が100kgのバーベ
ルをあげているとき、それを支えているときには、位置の変化は0。よって位置
エネルギーの変化は0。でも、頑張っている、そのエネルギーは0なの!? とい
うところから、重力のエネルギーは静止している物体にも働いている。だから、
これが取り出せれば、永久機関! みたいな感じの話みたいです。で。
http://www.graveng.com/dynamo/top.mpgのような地球ゴマの運動(歳差運動)
からエネルギーが取り出せるということでしたが、回す方がエネルギーが高いと
いうか、

おそらく、

(回すのに使ったエネルギー)=(コマの回転エネルギー)+(歳差運動で床に
平行に回転したエネルギー)

であるはずです、理想的には。

この人の理屈だと、

(回すのに使ったエネルギー)=(コマの回転エネルギー)

になっていて、つまり、(歳差運動で床に平行に回転したエネルギー)は、(重
力に逆らって静止している物体が受けているエネルギー?)になっているみたい
です。

ま、似非科学ですね。そんなこともあります。人生大事にね。


こっちのほうがおもしろそうだ、と思ったけれど、なんだか、こっちも思想が危
なそう^^笑

砂浜動物 テオ・ヤンセン / 風で歩く“生命体”を創る
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/holland_s/07/

実際に歩いているのはこちら。
http://www.strandbeest.com/

風の吹いてくる方向に歩く装置の開発。
風車が向かってくる風をエネルギーに変換できるのだから、不可能ではないよう
に思えますが、風に向かって進むなんて、最初は非常識だと思われたでしょうね
^^。昔、ヨットをやっていたものとしては、いささか信じがたいものですが。
でも、たぶんこれは、物理的に保証されているのでしょう。珍しく実際に動いて
いるものがありますから。

そんなところで、おわり。

これ、なんか物語が生まれそう。今度書いてみよう。


ともあれなには。みんな似非科学には気をつけて。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
イイネ

(ボタンがないので,笑)
SuzukiのKei URL 2011/06/21(Tue)00:30:30 編集
iine
ありがとうございます^^
なかまくら 2011/06/21(Tue)07:48:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/07 なかまくら]
[08/04 なかまくら]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]