忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      

なかまくらです。

カテゴリーを悩んだ末に、「科学」カテゴリーに入れることにしました、この記事です。

私は総合科学というフレーズに憧れて総合科学部に入学したクチですが、

そこは待っていれば総合科学を学べるような場ではありませんでした。

私が教えてもらわなければならなかったことは、積極的なコミュニケーションであったのではないかと

思うくらいです。

今日は、元飛翔の編集をしていた先輩と大学院卒業祝いに一緒にご飯を食べに行きました。

言語学専攻の先輩と、社会学系の先輩と、物理の私。

この先輩方ですが、かなりすごいお方々なのです。

私は、この方々に影響されて今の私になっているといっても過言ではないかもしれません。

総合科学ってやつに執着しだしたのも、思い返してみればこの頃かもしれません。

さて。私は割といろんなことを知ってるね、と言われたりするほうですが、

この方々は、私の知らないところで、本当に多くのことを知ってらっしゃって、

非常に面白いお話が繰り広げられました(祝いの会だったことは、あれーまーふふふ。

異分野の人が集まって話して、こうして交わした会話が実に総合科学的でした。

 

その一部を書き記しておこうと思うのです。

 

まず、12進数の話が面白かった。

人間の指が12本あったとしたら、きっと12進数が発達していただろう。

12進数では、10に相当する数が、1、2、3、4、6で割れるのです。これは便利なのではないか。

12進数とは案外いろんなところに使われている。鉛筆は1ダースだし、1年は12ヶ月。干支も時間も12。

もし、片方の手に指が6ぽんずつ、両手に12本の指がある生物の文明は、人間の文明とどう違うだろうか?

文字の書き方はどうなるだろう? ペンの持ち方は?

アルファベットの文字の数は、どうなるだろう?

 

オリジナリティーの話。

企業で営業をするとして、オリジナリティーがないと辛いだろう。売れる方法を持つ人がいるとして、

それが同じ方法であるならば、競争相手は限りなく多い。そこでいかにオリジナリティーを見せられるかが

重要ではないか?

オリジナリティーというのは、範囲の規定が大事で、誰まで見せるかによってそれがオリジナリティーと認められるかパクリだと言われるかは異なる。

つまり、低いレベルでは新しいね、と言われるが、少しレベルが上がると真似っこだね、と言われ、さらにレベルが上がると、此処の違いが新しいね、となるのだ、オリジナリティーというやつの構造は。

オリジナリティーと言えば、物語の盛り上がりの起伏曲線を描いて物語を大別したら面白そうだ。

物語の原型は、ギリシャ神話に集約されるのではないか。挫折からの成功などの話もある。

ギリシャ神話自体も、ジャンプのように読者を楽しませるために、どんどん拡がって行ったんじゃないか?笑

日本の物語のオリジナリティーはやはり、中国からきているだろう。

三国志では、強い奴らから逃げ回っていたら、強い奴が勝手に同士討ちをしたりする。

そういうところが面白い。劉備という強い武将は、さんざん転々とした結果、最後には王様になる。

水泳の指導でも、オリジナリティーというやつが重要だと思う。

指導方法を試行錯誤して、最適な指導方法を取捨選択するものなのだ。

しかし、究極的には同じ泳ぎになっていくように見える。

指導者のオリジナリティーとはなんだろうか?

人間性?

 

おわり。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]