忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      日々が速すぎてテールランプが、その光が残像を残していく

のを

みて

いる

気がする、

なかまくらです。


ええ。


とりあえず、今年、サークルとかやってなくてよかったと思ったり。ええ。

寂しいことに。


でも、なんか、別に今、やりたいとかあんまり思わないんですよね。

大学3年の時にはすっかりのめり込んで、それから卒業まではずっと演劇ばっかりしていたのにね。

いわゆる、演劇中毒なるものがあって、

しばらくやってないとやりたくなる人が多いらしいんですけど、

なんだったんでしょうね。


何がしたかったかも分からないし、何を得たのかも分からないし、

ただ、楽しかったけれど、


覚めたら全部夢だったくらい、今の私の何になったんだろう、なんて。


感傷。




勉強しよ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
最近、同じようなことを考えたので
どきっとしました。

演劇は非日常の世界だな、と思うんです。
舞台には独特の緊張感があって、
観客席にはよく分からないけれど
一体感(?)のような不思議な感覚があって。

たぶん、私はこのなんともいえない、
その場にしかない空気が好きで、
演劇にハマってしまったんだな、と思います。

演劇から離れて空気が違いを
肌で感じたときに、
演劇を求める衝動にかられるか、
演劇との距離(?)を感じて、もう戻れないなと感じるかに分かれるのではないかな、と
思いました。

自分の感覚を言葉にするって
難しいですね。うーぬ…。

あ、演劇は今も好きですよ^^
関わり方は半年でずいぶん変わりましたが。


急に失礼しましたm(_ _)m
べーかりー 2011/10/20(Thu)01:38:07 編集
コストとリスク
>べーかりーさん

コメントありがとう。
私は、今の速度で進んでいる日常のあれこれが、演劇のタイムスパンとあわなくて、戻れないなぁ~と感じています。
私のしたかったことって、何かを表現したいということだけで、別に演劇というのは、その表現方法の一つに過ぎなかったのだと、離れて初めて気付いた気がします。
だから、小説でもいいし、詩でもいいし、音楽ができるなら音楽でもなんでもよかったんだと思います。
後悔はしてないですけどね^^

関わっていられる間は、なんか、それらしく、

楽しめればいいんだと思います。


ところで、侍さんのは行きますか~~??
なかまくら 2011/10/20(Thu)14:41:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
21 22 23
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]