忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      なかまくらです。

芝居空間侍エレクトリカルパレードさんの「異説 本能寺ファウスト」 観ました。

静かな感じでした。

あらすじ

宣教師フロイスは、のちに”本能寺の変”と呼ばれることの顛末を、明智光秀の子に話す。

フロイスは信長と親交を持ち、日本にキリスト教を広めることを許した信長には感謝していた。

その信長は、本能寺の変によって殺され、さらには悪魔メフィストフェレスによって蘇る。

その一部始終をフロイスは見てしまう。


―悪魔メフィストフェレスは堕天使サマエルとある勝負をしていた。それは、

信長が己の信念を貫いて生きたらサマエルの勝ち。

悪魔と契約し、欲望に溺れたらメフィストフェレスの勝ち。


堕天使サマエルは、信念のままに生きているうちに殺めてしまおうと、光秀を唆したのである。

これが本能寺の変である。


ところが蘇る信長。上手く言い表せない感情たちが渦巻いて、信長を囲っていく。

そして、最後には、さまざまな思惑が入り混じり、


そして、信長は魔王になるために地獄へ行ってしまいましたとさ。めでたし。




という話でした。

フロイスという人は、実際の人物だったそうですね。なんでも本能寺の変について書いた人で、歴史的に重要な資料であるそうな。

歴史秘話ヒストリアでやってたみたいです。参考http://blogs.yahoo.co.jp/kome_1937/61271062.html

書かれた佐藤さんもこれを観てらっしゃったのでしょうかね。


さて。


個人的には、


やっぱり光秀が好きでした。前回と役者さん違うけど。

魅力的なんですね、随分と。

作品が静かな感じでそれぞれの登場人物の心理描写というか、

心情が丁寧に描かれていて、(あ、でもモブキャラはちゃんとモブキャラやってたし)

スマートでバランスよくて面白く観れました。


ちょっと疑問も。

光秀は信長が倒れて蘇って光秀を倒せば信長が神になれるといって、本能寺の変を起こしますが、信長が蘇ることをどうして知ってたんでしょう? もう妄信的熱狂だったから、きっと蘇るみたいな勝手なアレであれしちゃったんでしょうか?

最後のメフィストフェレスの一連の流れがよく分かりませんね。なんか仲よくなっちゃって。悪魔にとって勝負よりも面白いものが・・・見れた気はしないのですが。。

天主様もよく分かりません。悪魔も神も、首領は一緒なんですかね。。。



まあ、おいといて、

まだ、東広島にいるうちに2~3回は見れるかなぁ~~

というちょっとそろそろ感慨深いものでした。


おわり。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
有り難う御座います
フロイスをやらせていただきました、平賀と言います。観に来てくれて有り難う御座います。
やっている側から見ても、信長と光秀はイケメンでした(笑

光秀の思惑については、完全に個人的な考えですが、世間的に甦った事にして、神にするつもりだったのかな、と思ったりしましたね。
その後は神になって天に昇るわけですから、その後姿を現す必要も無いでしょうし。
メフィストが現れたのは、予想外だったのかと。

というか、参加した人がこういう憶測でいいのか、というのがありますが(汗

天主については、天使と堕天使、悪魔は元は一緒なのと、デウスというのは唯一の神という考え方なので、同じだと思われます。

と、役作りで調べただけなので、本当に正しいかは分かりませんが(汗

とにかく、観に来て下さって本当に有り難う御座いました!!
平賀 2011/09/13(Tue)22:20:46 編集
コメントありがとうございます
コメントありがとうございます。

なるほど、光秀は純粋ですね。少し謎が残るくらいが面白い・・・のかもしれませんね。

天主は、なんとなく天使と悪魔が対立するのに一番上のほうは別にそんなでもないのかなぁ、みたいなのは、ちょっと勝手な日本人っぽい解釈でした。。

なにはともあれ、お疲れ様でした^^
なかまくら 2011/09/14(Wed)22:42:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]