忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      

なかまくらです。

昨日は、真昼間から焼肉ヴァイキングに行って参りました。

総科の物理の学生ズでした。

スイカを食べました。スイカめっちゃ美味い!

西洋菓子より、フルーツの方がやっぱり好きですね、私。


それから、研究室に戻って英語をちびちびと読んでいたのですが、

ふと、TIS(トータルイマージョンスイミング)というものを発見。

へー、と思って、ちょっと見てみると、

なんでも、魚のように優雅に泳ぎましょう! というものみたいです。

で、具体的には(といっても、販促動画しか見てないんですけど・・・)、

ゆっくり綺麗に泳ぐためのドリルがいくつも用意されていて、そのステップを踏むと綺麗に泳げるようになりますよ、というものみたいです。

ネット上では、革新的だ! などと騒がれているみたいですが、

やっていることは、ごくごく普通のことですね。

普通のスイミングスクールで、誰か、コーチの指導が加わったり、

あるいは、水泳をそれなりに選手として経験している人ならば、フォーム修正などでやりそうな段階的修正です。

それを革新的! みたいに叫んでいる人がいるのはちょっとのめりこみすぎですが、、

まあ、

単純な話、

正しい理屈で、ちゃんと練習すれば、それは誰だってうまくなります。

ただ、見た範囲では、キャッチが若干軽視されているような、と思ったりはしましたが・・・。

まあ、流行なんですかね、分かりません。

あとは、ドリルがちょっと難しいのが多いような気はします。初心者には無理?

ちょっと泳ぎこんでいる玄人向けって感じがしました。

 

もっとも大事なのは、姿勢と呼吸ですよ?

 

ま。


本やDVDじゃなくて、ちゃんとコーチに教えてもらえるなら、問題ないと思いますけどね。

なんだか、そういうなんとか理論みたいなのには、コーチとしては戦々恐々しますね。

そういうのを盲信しているような人が、「トータルイマージョンスイミング」って、どう思います?

トータルイマージョンスイミングの理論で教えて欲しいんですけど!

って、言われても、ちょっと困るわけです。

私、そういう流派の泳ぎじゃないし。

ただ、その人それぞれにあった泳ぎがあるわけで、それを見つけることしか出来ないわけで。。。

動画を見た中では、特にバタフライが違いますね~。

私は、2回目のキックを強く蹴るのですが、胸筋がなくて、一回目もわりと強めに蹴るんです。そうしないと身体がホントギリギリしか持ち上がらなくて、腕が水面ギリギリを通るので、コースロープにしばしばぶつかるんですよね。

あと、クロールは、私は、水面を滑るようにエントリー(手の入水)して、水面のできるだけ直下を水平に伸ばすのを理想としているのですが、どうも、ひじを曲げて、つきさすように泳ぐのがメインになっていて、入水後の角度が深い感じがしました。この泳ぎはどちらかというと、ピッチの速い人の泳ぎであると思うんですけどね、どうなんでしょうね。。。

まあ、ぐだぐだと、そんな話でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[08/07 なかまくら]
[08/04 なかまくら]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]