忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      2週間くらい前ですか、

「MONSTERZ」観ました。

藤原竜也、山田孝之、石原さとみ

って、豪華なメンバーですな!

という印象。



あらすじ

全てを人間を操ることのできる能力を持った”男”がいた。

幼少時代に、父を殺し、

母を殺さないために、母の下を離れた。

それから、どうにかして、20年を生きていた。

誰にも知られず、生きていた。金に困れば、銀行周辺のすべての人間を操ればよかった。

そうすれば、金は手に入った。

男は金銭的にはそう悪くない暮らしをしていた。

幼い頃、男は右足を引きずっていた。その右足は、

20歳を超えた現在、すでに太腿の辺りまで壊死しており、

無理な能力の使用をするたびにその壊死はどんどん進んでいた。

男はあるとき、見つけてしまう。

自分の能力が効かない男の存在。さらに、その男は大抵の傷ならばすぐに治ってしまう

化け物であった。

男はその男――田中終一に執着し、田中終一の大切な人を殺してしまう。

田中終一は、”男”を”止める”。”男”は田中終一を”殺す”。

お互いにお互いを追いかけていく。


***

というようなお話。

まず、CMを見たときに思ったのが、

これ、アレだ。『バクマン』の中に出てくる作中作「リバーシ」ぽいな、

ということ。『バクマン』というのはジャンプで連載されていた、

ジャンプで人気の作家になるぞ! という漫画で、その中で、

人気を勝ち取った漫画が「リバーシ」という漫画。

白い悪魔と黒い悪魔がいて、黒い悪魔は人を洗脳して破滅に導こうとする。

白い悪魔は人の洗脳を解けば、人は自然に破滅に向かうとして、洗脳を解こうとする。

それぞれが、人間に加担し、悪魔の代理で戦いが起こる・・・。

みたいなお話。これに似てそうだなって。藤原達也は、『バクマン』の作者の前作『デスノート』の映画版にも出ていたし。

で、結論としては、ほとんど似てなかったです。

キャストはなんか、GANTZみたいだなぁという印象。後から調べると、

何人か出ていますね、やっぱり。

こういうのが好きな役者さんがいて、選んで出ているんですかね?

話も、案外よくできていて、

一番、良かったのは、”男”が、なぜ終一にそこまで執着してしまったのか一切語らないまま、

終わったこと。

これに尽きます。

まあ、なかなか面白かったです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]