忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

最近あまりにも更新していないので、

前に書いたやつを掲載するわけです。

ある企画で書いたやつです。


***


「遭遇」

作・なかまくら


「隣、いいですか?」

私がうとうと読んでいた本から目を離すと、その人は立っていた。

背中には小振りなデイバッグを背負い込み、赤紫のチェック柄のシャツを着込んでいた。

いつの間にか次の駅に到着していたのだと思い、窓の外を見ると、すでに列車は速度を上げて山の風景を後方に送り出している。

私は内心少し苦笑してから、

「どうぞ」とその人に言った。


「ありがとう」席に座ると、その人はペットボトルのウローン茶を取り出して一口、

口に含むと急に固まる。

「どうぞ、そのままいてください」その人はそう言う。

そして、もう一口、口に含んでから、ゴクリと飲みくだす。


「・・・え?」

新幹線の走行音が一瞬、私たち二人の間に流れ、それから店内販売のカートが入ってくる。

武器にもなりそうな鋭利な若さを秘めて、

しとやかな振る舞いを表面の服に繕って歩いてくる。そちらに目をやろうとすると、

「自然体で」その人からまた押し殺した声がかかる。

「あたかも、旅行にきたカップルのように振る舞ってほしい。
 私の存在を、彼らに気づかれてはならないんです」


どういう意味なのだろうか。まず真っ先に思い浮かんだのは、犯罪者であるということ。

指名手配されている強盗犯が、あるいはなんならその業界では有名な怪盗なんかでもいい。

そういう警察組織に追われる人間であるということ。

想像が逞しすぎるだろうか・・・。

私はまた、内心自分に苦笑して、今度は別の可能性を考える。

・・・そうだ。単に、キセル(無賃乗車)だ。

意味の分からないことなんて起こりはしないのだ。

これまで生きてきて、大抵のことは経験したから分かる。

人生とは80年一本勝負とはいうものの、実はある周期が年輪を伴って繰り返されているだけなのだ。だから、これはそのなかでは少しだけ今日が揺れるくらいの出来事で、もちろん人生を揺り動かすようなことではないのだ。

私は、そうやって嘆息しながら、分かったような気になって、

とりあえず店内販売のカートをやり過ごした。


さて、どうするか。


突き出すこともないだろう。

あとから色々と聞かれて面倒だし、

私は思い出してみれば、久しぶりの休暇に、旧友と約束をしていたのだ。

その時間をその人の不幸に費やすこともないだろう。

そういう、社会生活で身につけてきた処世術でもって、そういう判断を下した。

ただ、ああ、面倒な他人に隣に座られてしまった、と私は再び嘆息した。


「ねぇ、聞いてください」その面倒な人が声を掛けてくる。

「私があなたの隣に座ったのは偶然ですが、この偶然を必然と私は受け取りたい」

面倒な人は、なにやら面倒そうなことを言ってくる。

それは、なんですか、ナンパですか。私、今、ナンパ受けてるんですか?


「はぁ」私は、曖昧な返事を返す。

「あのですね、切符、持っていますよね」その面倒な人は、切符を取り出す。

ああ、なんだ、持ってるんだ。キセルじゃないんだ。

・・・ということは、もしかして前者なのかも? 

私の中に再び好奇心と想像力が首をもたげてくる。

「あなたはどこまでですか?」

「○○までです」そう答えると、

「それね、是非交換していただきたいんです」その人はそう言った。


「どうして」私はすかさず、つっこんだ。それは扉をノックする感覚に似ていたのかもしれない。扉の向こう側の情報が知りたくて、叩いてみる。

彼はその好奇心に気づいたのか、少し逡巡した後、こう切り出した。

「あなたは、この国に張り巡らされている牢獄をご存じではない。それは幸せなことだ。一歩、改札を通れば切符の番号によって管理され、監視カメラの情報によって管理される。どこからどこまで乗っていて、どの列車で今どこに移動中であるか。乗り口の改札口から降り口の改札口まで、我々は線路という細長い牢獄の中にいるんですよ。私はそこから自由になりたい」

世界の向こうを垣間見せられた私から、

彼は奪うように切符をもぎ取ると、駅のホームに降り立っていった。

それからおそらくは私の知らない改札の向こう側へ。


私は、といえば、目的地までは十分な距離を乗れる切符だったけれども、「失くしました」と駅員さんに言って通してもらった。その切符は今も定期券と一緒に入れて、肌身はなさず持っている。


いつかその切符の秘密を知る人物が接触してきて、またその世界への扉をノックする機会がくるかもしれないのだ。


・・・それ自体が俗物的な考え方なのかもしれないが。



おわり。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
懐かしいですね。
もう2ヶ月経ったのかーという気分でいっぱいです(^^;)
べーかりー 2014/06/25(Wed)02:46:19 編集
無題
張り合いのない毎日を彩ってはくれたのよ。
なかまくら 2014/06/28(Sat)23:01:17 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]