忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。先週末の話。


仮面ライダー1号を観てきました。

45周年記念作品ということで、

なんと、仮面ライダー1号を演じた藤岡弘その人が、

再び出演&仮面ライダー1号として、スーツを着て格闘。

すげーな、これは。

そんなわけで、見てきたわけです。


あらすじ

本郷猛は、いまだ戦っていた。

しかし、その身体は長い戦いの中でボロボロになっていた。

本郷は、自分の最期を悟り、友人に托された子、立花まゆの元へと戻ってきた。

日本では、久しぶりに日本で活動を再開したショッカーと、ショッカーを抜けて新しい組織を結成したネオショッカーの抗争が繰り広げられていた。

そんな中、狙われていたのは、立花まゆであった。

彼女の中に眠る英雄の魂が、眼魂(アイコン)を生み出し、

その眼魂をつかって、世界を征服する力を手に入れようとしていたのだった。

そんな最中、長い眠りから醒めた地獄大使がショッカーとして復活を遂げる。

仮面ライダーゴーストと仮面ライダー1号は、度重なるショッカーの襲来を

退けていたが、本郷猛の肉体は限界であった。

彼の死。彼のいない中、仮面ライダーゴーストは、蘇ってしまった

アレクサンダー大王の眼魂の暴走を止めるため、戦いを挑む。

そこに、不死鳥のごとく現れる本郷猛。

協力して、最強の敵を倒すのであった。


みたいな感じでした。

んーーー、本郷猛!! 風格ありますねえ。

という映画でした。

昭和っぽい画を意識した撮影がされているというこだわりはわかりましたが、

細かいところが雑過ぎる感じでした。

大味な感じがいいところと、良くないところがあるでしょう、

という感じ。

あと、ゴースト、弱すぎね。過去最弱じゃないかってくらい弱いです。

本編でもそうですが、ずっと負け続けていて、あんまりいいとこないんですよ。

弱いヒーローって、ほんとストレス溜まるわ。

そのくせ、いうことだけはいっちょ前だから、なおのこと。

最近の物語の中に、こういうやつがもう一人いるんですよね。

それは、遊戯王アークファイブの遊矢さん。

こいつも全く勝てないやつで、はらたつわーー。

物語の構成をしている人は、なんとも思わないんですかね??

というわけで、とにかく、びみょーでした。

仮面ライダー1号はカッコよかっただけに残念。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2
5 6 7 9 10
12 13 14 15 16 17 18
21 22 23
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]