忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
デジモンアドベンチャー tri. 第1章「再会」 観てきました。



全国10館でのみ、上映、ということで、ん~~~~~~~、と思っていたら、

まさかの一か月ぶりのお休み! これは、見に行く宿命・・・。そう、

宿命と書いて、さだめと読む! そんなわけで、横浜まで観に行ってきました。

どんな話かというと、

選ばれし子どもたちが、17才の高校2年生となった頃の物語。

街に電波障害のニュースが流れ、太一の前にクワガーモンが現れる。

そして、アグモン。グレイモンに進化して、クワガーモンを撃退するも、

太一は、その破壊の跡に、あのころとは違う感情を持った。

デジタルワールドの異変。そして、現れるアルファモン。

これから、どうなっていくのだろう。

そんなところで、1章は終わりです。


感想。

んーーーーー、★★★☆☆ 星3つ ってところです。

すごく面白くはない。あの頃の、デジモンを観ることはもうできないのだろうか、

と改めて、感じる出来でした。監督は、元永 慶太郎という人で、

わりと有名な人みたいですね。ヨルムンガンドのアニメの監督なんだそう。

ヨルムンガンドは、面白かったけどな。これは、違う感。

なんというかな・・・。

たぶん、この監督と私では、

デジモンに対する憧れ方が根本的に違っているんだと思いました。

最初に作られたアニメ・・・グレイモンとコカトリモンが戦う。

背景で流れていたのは、ボレロ。飽きることなく流れ続けるボレロの中で、

怪物同士がたたかっている。

その、デジタル化への見えない不安や社会の閉塞感のようなものが、

延々と繰り返される同じフレーズに表されていたように感じたのです。

そういう、思想というか、伝えたい思いというか・・・

・・・そういうものが伝わってこなかったんですよね。

簡単に進化して、オメガモンになっちゃうけど、選ばれし子どもたちの

それぞれの心の情動が、デジモンを進化させるんじゃなかったのかな??

そういう思いが、奇跡を起こし、デジモンを進化させて、道を切り開く。

それが好きだったのでした。

そういうのとは違うかなぁと。

ただ、デジモンというキャラクターを使って、敵を倒したいなら、観なくてもいいかな。


次を観に行くかはまだもう少し考えることにします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]