忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

「寄生獣」観ました。



あらすじ。

人間に寄生する生物が突如、現れた。

その生物は、人間の脳を乗っ取り、人間を人間を食べる怪物へと変貌させる。

その生物は好戦的なものが多く、その生物は高い身体能力を持つ。

その生物は、生殖によって遺伝子を残すことができない。

その生物が、とある高校生の元にも襲いかかってくる。

ところが、その生物は、高校生の予想外の反撃にあい、

脳を乗っ取ることができず、失敗に終わる。

その結果として、その高校生の右腕だけを乗っ取ることになった。

それから、高校生と、寄生生物「ミギー」は、

ミギー自身のことを知るために。あるいは、襲いかかってくる仲間から、

生き延びるために戦うことになる。

そして、命を落としかける。

その中で、最愛の人を失い、恋心をもっている同級生を傷つけるも、

寄生生物の様な、冷酷な心になっていく自分を知る。

高校生・新一は、寄生生物を滅ぼすことを誓う。

一方、多数の寄生生物の中からは、議員になるものが

現れていた。(完結編へ続く)。



そんなお話でした。

とにかく、パクッと食べちゃう怪物が、実写でスクリーンに大写しになるのは、

ショッキングな映像でした。パクッ!だもんね、パクッ!

そして、あー・・・やだなー・・・こうなるなぁーー・・・

というのを見せておいてからの、パクッ! ズシャッ! ガツガツ!

そういう魅せ方が上手くて、ぎゃーーーっす!

という感じでした。

主人公の新一がだんだんと変化していく様子も印象的でした。

普通、少年漫画だったら、主人公が能力を獲得して、

強くなっていくのはワクワクする展開なのですが、

この作品では、強くなると同時に、人間性を失っていくんですよね。

しかも、大事なものを失うまで、その失いつつあるものの大きさに、

主人公もそして観客すらもうっすらとしか気付いていない。だから、

怖い感じがする。

そして、ヒロインの村野里美(橋本愛)は、顔が濃いわ~。

でもって、かわいいわ~。美人美人。

でも、顔が濃いわ~笑

ヒロインだからいいけど、脇役のときに、これだけ顔がインパクトあったら、

困ったりとかしないのでしょうかね?笑



ともかく、生き残ってよかったです。


おわり。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]