忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      
なかまくらです。

少し生活に余裕があると、何を買うか選べるようになります。

そうすると、いろんなものを買ってみたり、

美味しいものを食べてみたり、

自己啓発のために使ってみたり、

将来のために貯蓄してみたり、

お金にはいろいろな使い道があることが分かってくる。

お金は天下の回りもの、とはよくいったもので、

今この瞬間、貯めることは出来ても、

その隣で、誰かがその、私が貯めたことによって困窮しているかも。

いやいや、別に慈善事業で生きているわけではないので、

そんなこと、気にしても仕方が無いのですが、

もうちょっとだけ、なにを選ぶべきか、

考えてもいい、・・・というか責任があるのではないかと。

最近はそんなことを考えるようになりました。

大手のスーパーと町の商店。どちらで買おうかな、と。

日本製の商品と、外国産の商品。どちらを買おうかな、と。

静岡産のものと、他県産のもの。どちらを買おうかな、と。

品質にこだわった製品と大量生産された使い捨て製品。どちらを買おうかな、と。

私の仕事は、まあ公務員ですので、

税金がちゃんと入ってくるって大事なわけです。それが給料になっているわけで。

だったら、今住んでいる地域が廃れていくと、通ってくる子どもだって、

苦しい家庭環境で、真っ直ぐに育つのが大変だし、

真っ直ぐに夢に向かっていけない子ども達を見るのは、イヤですね。

そうすると、何を買おうか、そういう視点で見るようになるわけです。


なんだか、エラそうだな、と思ったりもしますが、

いろいろと考えてみると、お金を稼ぐのってホントに大変だなって思います。


コンビニで1時間働いて、800円?


でも、そんなのはいつ首になるかも分からない世界。

というか、そういう仕事自体がこれからなくなっていったっておかしくない。

自立的に生きるなら、キャベツ1玉売ったって、たったの300円。

キャベツ100玉売ったって、3万円。

じゃあ、1000玉近く売らないと、今の私の月収くらいになってこない。

ということは、毎日働いたとしても、一日30玉は収穫して、

販売所に持って行って、それで、新たな販路を見いだすために、

営業したり、美味しい野菜を作る研究したりとかして・・・

300円のキャベツがずっと売れるようにしていかなくてはいけない。

ミカンだとしても、そう。ミカンなんて、1kgで300円とかですからね。

しかも、1kg400円だったら、私は、「ん~~ちょっと高いかなぁ~」

なんて言って、買わないわけです。おそろしい。

でも、よくよく考えると1kgたったの400円ですよ。

25kgでようやく1万円。

250kgで10万円・・・。

そう考えると、お金を稼ぐのって難しいなって思います。


そう思う出来事は、もうひとつありまして、

先日、イベントで大道芸をしている方がおりまして、

あの芸って、休日に一日2回とかやって、結構お客さんがいて(40人位?)

8000円とからしいです。

すると、一日1.6万円。

休日が8日で、月10万円位。

お小遣いにはなっても、クラスにはしょっぱいしょっぱい。

平日もやるんだそうです。

芸は一般人の私から見たら、おお~~、と思うようなものですが、

30分やって、なかんか1000円って入れませんよね。

うう~~ん、500円? とかって思っちゃう。入れちゃう。

うう~~ん、お金を稼ぐって大変だ。


そういうことをちゃんと分かって、

何に使うべきか、考えていかないといけないって、

最近すごく思うのでした。

おわり。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 7 8
11 12 13 14 15 16
17 18 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/07 なかまくら]
[04/02 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]