忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      

散文。

こんなのなら、15分もあれば書けるけど、そうじゃないんだ。突き詰めれば、もっと面白くできるでしょ? と、そうじゃないんだ。別に題材はこれでもいいんだけど、魂を削ってないんだ。

 

 

眉毛が腐った話

作・なかまくら

 

鳥饗くんが目を覚ますと、鏡が倒れてきていた。

鏡を腕で押し返そうとすると、なにやらぐじゅっと、押しつぶされた柿がちょうど押し返されたところみたいな音がした。

どうしてかというと、ちょうど昨日、そういう柿をそういうふうにしたから、鳥饗くんにはその感触がよくわかった。

しかしまあ、なんということか鏡には、黒っぽい何かがついていた。柿というよりは、海苔の佃煮だ。

その海苔の佃煮に似たそれは、眉毛にもついていて、むしろ、混じりっけのない眉毛そのもののようだった。

なんだこれ? 鳥饗くんが体を起こしてそう呟いた瞬間、ドバっと垂れてきて、視界は真っ暗になった。

隣の部屋で寝ているはずの姉に大声で助けを求めるも、返事はない。

枕元の携帯電話をデタラメに救急車をよんだ。

「悪いんだが、この電波は超法規的措置でジャックさせてもらったぜ、スパロウ!」

「スパロウじゃねぇよ!」鳥饗は目の前の暗黒物質に叫んでから気づく。・・・超(スーパー)法規(ロウ)的措置?

「さて、本題だ。君は今、前代未聞の地球外生物兵器の餌食になってしまっているんだ。」

電話越しに、銃声が聞こえた。

 

危ないところだったね。現れた男は、そう言って、空気感染しないようにする防護服みたいなのを装備して現れる。

そして鳥饗くんは洗われた。そして現れたピカピカの鳥饗くんの眉毛は排水口へと流れていった。

しかし、目はすでに腐ったようになっており、防護服は、腐り落ちていた。

「そ、そんなばかな・・・接触感染してしまったというのか・・・!」

男がそう言っているうちに、男の左腕は腐り落ち、剥きだした骨がみるみるうちに落ちていった。

それに気づいているのかどうかわからないまま、男は有無を言わず消え去った。

まるでその時を生きていないように、そのように。

更に、ぽたりと落ちた眉毛は彼の下に広がる絨毯を魔法に変えたとでもいうのか、鳥饗くんは、誰かに担ぎ上げられ、運び込まれた。

チクリと鋭い痛みが肌を刺したと思ったら、目が覚めて、自室のベッドに寝ていた。

ふと起き上がると目の前に鏡。

それは後からわかったことなのだが、

排水口へと流れていって、世界中に散らばった複雑な未来が、もうすぐそこまで来ていた。

 

 

おわり。

高校の時は、こんなのばっかり書いてた気がします。

こういうの、いまじゃあ、すっかり公開しなくなっちゃったけど、たまには。

 

 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 8 9 10 12
13 14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
ブクログ

プロフィール
HN:
なかまくら
年齢:
29
性別:
非公開
誕生日:
1988/08/12
趣味:
創作活動全般あと、水泳
ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]