忍者ブログ
なかまくらのものがたり開拓日誌(since 2011)

                      

なかまくらです。

最近、寡作気味ですみません。

いや、それでも、わりとよく書いてるとは思うのですが、それでもだいぶ減りました。

才能が枯渇したとか、そういうのもあるかもしれません。認めたくはないけれど、そうかもしれない。

あの時代のような、勢いにまかせて書くのはしんどくなってきた。

でも、それよりも、網の目が細かくなってきた、と感じています。

「ストーリー」と「テーマ」のバランス取りをちゃんとしないと、物語っていうのは2次元のままです。

紙の向こう側に広がっていくような、或いは、立ち上がってくるような現実感、物語の奥行きを持つ

物語を書きたい、とすると、

そんなにポンポン出てきません。なぜって、人の悩みってそんな簡単に解決しないから。

現実感を感じられる物語というのは、現実を写実的に描写することじゃあなくて、

突飛な設定でいい。その現実世界への射影空間であればいい。

それが「ストーリー」。ストーリーはいつだって、読ませるための道具であるべきで、

ストーリー自体が、見てほしいものになってしまうのを私は恐れて、寡作になってきたのだと

そう思っています。

今ちまちま書いてる4作品のどれかが、今年中にあと2か月で完成したらいいなぁ、と思ってます(笑)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
時計  HOME  カレー
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
4 5 6 8 9
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[11/09 なかまくら]
[11/08 繭々]
フリーエリア
ブクログ

ブログ内検索

material:ふわふわ。り  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]